--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/06/15.Fri

Kurotan通信

今にも降りそうだったので チャリトレは止めて
ご近所ウォーキング!
少~~し パラついたが 気になるほどでは無かった
で 出掛けに気がついたのだが・・・
↓左右 どちらも同じガクアジサイの「隅田の花火」
DSC01665.jpg DSC01674.jpg
DSC01673.jpg DSC01675.jpg
DSC01677.jpg DSC01676.jpg
同じ 株から分けたのに・・・
植えてる場所も 隣同士なのに・・・
何故 色が違うんでしょ??α~ (ー.ー") ンーー
よく土の 酸性 アルカリ性で色が変わるっていうけど
ほぼ 同じ場所やもんなぁ。。。不思議じゃ♪

おまけ♪(^▽^笑)
昨年 撮った アジサイとカタツムリ
katatsumuri.jpg
↓ドクダミも全盛期
DSC01667.jpg DSC01669.jpg
花びら 3枚と4枚がありますね
抜け落ちて3枚になってるのかな?
どう見ても3枚の方は 咲いたばっかりみたいだが?
八重タイプもあるらしいが 見たこと無いです!
誰か 見たことありますか??

↓ナワシロイチゴ         ↓オシロイバナ
DSC01682.jpg DSC01678.jpg
どちらも これから全盛期ですね!
ナワシロイチゴ 美味そ~~~う♪(^▽^笑)

追伸
ソーラーカー 本日 ロケ日だそうです
13日に 一般の方が運転して由良まで移動済みだそうで
本日は 由良スタートで神戸入りか??
目撃情報 よろどす!!(^▽^笑)

未分類 | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
<2>同じ株から咲いているのに、花によって色が違う」のはどうして?

  アントシアニンと補助色素、これはアジサイの中で出来ますからどのアジサイにもあります。アルミニウムだけは土壌の状況によって違います。同じ株なら同じ土壌にありますから、花の色はすべては同じ色になりそうですね。しかし、同じ株にもたくさんの根があり、ある根はアルミニウムを吸収しやすい場所にあり、別の根の先はアルミニウムを吸収しにくい場所にあるとします。すると、同じ株でも、前者の根から養分を吸い上げている花は青色になりますが後者の場合は赤色の花を付けることになります。紫色のアジサイは、青色と赤色の中間といえるでしょう。
  つまり、
     根のアルミニウムの吸収の度合いが違うと、咲き分けが出来るのです。

どの根もほどよく同じようにアルミニウムを吸収していればすべて青色の花になり、アルミニウムが吸収されにくいとすべて赤色の花が咲くことになります。(コピーです)

i-273カタツムリ乙女周辺では全然みなくなりましたが右巻と左巻がいるの知っていました?
アジサイも綺麗ですよね。
種類もかなり沢山あるようで・・・
う~~~ん、菖蒲かアジサイか・・・悩みますなぁ~(笑)
来週以降の話ですが。(^^ゞ

カタツムリ、右巻と左巻?
知りませんでした。私の頭は左巻きですが・・・(爆)
>乙女椿さん
ほほ~う 詳しいっすねぇ
アルミニウムね・・・_φ(□□ヘ)フムフム
カタツムリも 知りませんでした!(^^ゞ

>CHICCHIさん
アジサイ・・・うちは5種類あります
菖蒲も 見ごろですもんねぇ。。。
今日 明日は行かないんですか?
来週は 雨になりそうですが・・・(^^ゞ

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。