--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/10/10.Wed

Kurotan通信

祭り時の 日焼けで 顔がボロボロです!(^_^;)
でも ハチマキをしてたせいで・・・
デコだけ 真っ白です!(爆)

昨夜 お天気を心配してましたが・・・
ソフトボールの試合 出来ました!
まだ 祭り疲れを引きづりながらも
7番サードで出場!!
見事 13-7で快勝しました♪
次回は 来週の火曜日です。。。 

先日 友人のM君と話をしてた時
昨年 イカを釣って 塩辛にしたら
生臭くて食べられへんかった 何でやろ?と言ってて
僕も 料理はそこそこするけど プロでも無いので
そんなこと聞かれても 分からん!(笑)
ということで 調べてみました
以下 そのサイトより ほぼコピーです(^_^;)
画像も お借りしてきました
今度 僕が釣って作った時の画像と差し替えますので
それまで お許し下さいm(__)m
って 今年 釣れるんかいな?(爆)

イカの塩辛の作り方

イカは捌いて皮をむき 胴体と肝とゲソ(足)に分けておく
イカの塩辛は皮をつけたままの作り方も多いが
皮を剥くと生臭さが残りにくい
磯の香りが好きな人は皮をつけたまま作るといい

風通しのいいところで3時間から
半日は干したいところ
乾燥してパリパリになるまで
 
肝に塩をする
20060821080748.jpg
下からも上からも
たっぷりと塩をして1日冷蔵庫へ

自分の好みの大きさに切る
20060821080848.jpg

イカは よく干しておくのがコツだそうで
干しが足りないと後から水分が出やすいので
腐りやすく 味も落ちてしまうそうです
ゲソは特にバリバリするくらい干すのがコツ

塩した肝
20060821082635.jpg
これを開きます
20060821082903.jpg
肝に塩が入らないように 洗ってもいいそうです
薄い皮を外します
肝に塩が入らないように そいでください

取り出した 肝を包丁で よくたたく
20060821083144.jpg
最後に 身と肝を 和えます
20060821083400.jpg
酒とみりんを小さじ1 づつ入れる
好みで一味唐辛子や 生姜の千切りを入れても
美味しいそうです

手作りイカの塩辛は もちろん防腐剤や保存料が
入っていないものなので手入れが必要だそうです
1日1回よく混ぜることが大切
混ぜないと水分と脂分が分離して
その水分が腐ってくるそうです
発酵してくるので4~5日すると甘味がでてきます♪
1週間くらいで食べきるのが無難だそうです

ポイントは 肝の割合を多くすることです
イカの身は少なめに入れて調節してみて下さい
肝の状態によっても出来上がりに差が出るそうです


未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。